市販の発毛剤や育毛剤って本当に効果があるの?

そんなにたくさんというわけではありませんが、私も数種類の育毛剤を使っていた時期があります。
それで効果があったかというと、残念ながら効果を実感できるまでに至りませんでした。
育毛剤は本当にたくさんの商品が販売されていますが、実際に「これでバッチリ効果がありました」という人っているんでしょうかね。
この点について、次のように指摘する医師もいます。

市販されている発毛剤や育毛剤のほぼすべてが、医学的根拠がなく実際の効果も期待できないものです。
ネット通販サイトを見ると、星の数ほどの発毛剤や育毛剤があります。どの商品にも、もっともらしい発毛の根拠と売り文句がたくさん連ねられていますが、具体的にどんな効能を示したのか、何が証明されているのかというような論拠はまったく記載されていません。
専門的な知識に乏しい一般消費者向けに、もっともらしい言葉や法律的にギリギリの言葉を並べ立てるのは、発毛・育毛業界の常とう手段です。しかし、消費者からすれば、そこにある情報がどの程度医学的に信頼できるかは判別ができません。また、薄毛の悩みが深い人の多くは必死に商品を探していますから、一度気になる商品が目に留まれば、いつの間にか自分を納得させてくれる言葉や根拠らしきものを探し、購入する方向に向かってしまいます。市販の育毛剤の売り文句がどのように魅力的なものであっても、そこに明確な根拠はないと思って間違いないです。
ただし、例外の商品もあります。「フィナステリド」という成分の入った飲み薬か、「ミノキシジル」という成分が配合された塗り薬です。それらを含む商品には、発毛や育毛の効能が期待できます。フィナステリドは「プロペシア」という名で商品化され、ミノキシジルは、国内では大正製薬の「リアップ」、海外ではアメリカのファイザー社の商品である「ロゲイン」などに配合されています。
ただ、医学的に効果が認められている市販薬を用いても、人によっては効果がなかなか現れないこともあり、それらの商品を買えば必ずしも毛が生えるわけではありません。

>>> 【楽天市場】リアップx5プラスはこちら




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする